癒し処やまかわ調布店です。

肩甲骨周りをほぐす事は肩こりの解消にとても大事です。

肩甲骨には首肩周りの多くの筋肉が付着していますので、肩甲骨が回せるという事は首肩の筋肉の多くが緩んでいるという事にもなります。

肩甲骨、特に内側(ないそく)は人によって本当に硬さがまちまちです。施術する前から簡単に指が肩甲骨の内側に入る方もいれば、たくさん時間をかけてもほぐれない方もいらっしゃいます。

そんな肩甲骨の内側と背骨の間は肩甲間部(けんこうかんぶ)と呼ばれています。肩甲間部には起立筋、菱形筋などさまざまな筋肉がありますが、ここを短時間で効果的にほぐす方法があります。

まずは受け手にうつ伏せになってもらい、ほぐしたい方の腕をお背中の後ろに回します。

その状態で受け手の方の下に施術者の膝を入れて腕をホールドします。この時あまり肩に近い場所に膝を当ててしまうと痛いですのでご注意ください。

そうしましたら両手の四指を使い、肩甲間部を左右に切る様にはじいてみてください。こっている人ほど、細かい筋がたくさん浮き出ているのが分かります。

ここを、受け手と相談しながらこっている場所を探しながら、痛くない程度の力で四指で身体の左右に切る様にほぐして行きます。

人によっては結構の長時間が必要になるケースもありますが、最初はピーンと張っていた線がだんだんとほぐれて行きます。

これが左右きちんと出来ていれば、肩甲骨も動かしやすくなります。

癒し処やまかわ 調布店

癒し処やまかわ調布店です。今日は前斜角筋(ぜんしゃかくきん)について投稿いたします。前斜角筋は中斜角筋(ちゅうしゃかくきん)、後斜角筋(こうしゃかくきん)と共に斜角筋群(しゃかくきんぐん)という筋肉群を形成しています。最近はスマホが普及したせいか、斜角筋が張っている方が多い様に見受けられます。斜角筋の張りはまた、ストレートネックの原因ともなる様です。

前斜角筋は第一肋骨の挙上(上に持ち上げる)、頸椎の屈曲・側屈(前後・左右に曲げる動き)に寄与します。また、斜角筋群は呼吸筋と呼ばれる筋群で、呼吸をする為に肺が空気を取り込む時に作用する筋群に属しています。

前斜角筋の起始部は第三(または第四)頸椎~第七(または第六)頸椎の横突起です。横突起を触るには首の横を親指で押圧すると良いです。四指では刺さってしまい痛いですし、親指ですと受け手にうつ伏せになってもらえばじんわりと体重をかけて押す事ができます。

前斜角筋の停止部は第一肋骨の内側、およそ頸椎横突起の下と考えて良いかと思います。第一肋骨は体側だとなかなか触りにくいですが、鎖骨の下と考えれば目安が付きやすくなります。

斜角筋がほぐれると首や肩の凝りだけでなく、呼吸もしやすくなります。

癒し処やまかわ調布店

癒し処やまかわ調布店です。

今日は中斜角筋(ちゅうしゃかくきん)について投稿いたします。

中斜角筋は前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋の3つから成り立つ斜角筋群という筋肉群の一つです。首の横が張って仕方ないという方はここの中斜角筋がパンパンに張っている事が多く、首のコリにはとても影響の大きい筋肉になります。

中斜角筋はまた、なかなかほぐしにくい筋肉です。仰向けの状態で首を横にすれば表面に出てきますので触りやすいですがすぐ下を動脈が通っている事もあり押す時の力に注意しないと痛い、苦しいと危険がある為、やさしい力で長い時間をかけてじっくりとほぐして行かないといけません。

中斜角筋の起始部は第一~第七頸椎の横突起。頸椎は第七頸椎までありますので、頸椎全部の真横です。ここもまた強く押してはいけない場所です。また、ここだけを押してもほぐれる訳ではないので、頸椎のキワをまずは数回じっくりとほぐしてからここも数回じわっとほぐしてあげます。

中斜角筋の停止部は第一肋骨周辺です。第一肋骨は鎖骨の下にあり少し触りにくいですが、鎖骨をランドマークにして鎖骨の下のキワを押していけば間接的に触れる事はできます。ここも強く押すと痛いのでまずはご自身で触ってみて、どのくらいの圧が適度なのか確認してみると良いと思います。

中斜角筋は長い時間をかけてゆっくりと凝って行きます。ほぐすにも根気が必要です。

癒し処やまかわ調布店

癒し処やまかわ調布店です。

今日は、以前のブログで書いたスマホ首から来る肩こりに効くストレッチ方法をご紹介させてください。

まずは、両手の指を首の後ろで結んだまま、肘を出来るだけ後ろに張ります。これで僧帽筋、肩甲挙筋、棘上筋、棘下筋が動かされます。この姿勢で10秒。その後、両手の指を組み肘を広げたまま腕を上に持ち上げます。この姿勢でさらに10秒ホールドします。この動きで広背筋が動かされます。

次に、肩ひじだけを頭の後ろに付け、もう片方の手でその手を下に引っ張ります。これにより広背筋、棘上筋、棘下筋が伸びます。これを左右10秒ずつ行います。

次に右手指を右肩の上、左手指を左肩の上にそれぞれ乗せたまま肩肘をぐるぐると回します。これで菱形筋、大円筋、小円筋が動きます。

どれも簡単に短い時間でできるストレッチですので是非お試しください(^^♪

癒し処やまかわ調布店

癒し処やまかわ調布店です。今日は肩こりの原因について書かせていただこうと思います。

現代ではパソコンやスマホが当然の様に生活の一部となり、肩こりの質も変わってきたと、ベテランの整体師の方は仰っています。何が違うかというと、昔に比べて下を向いたままの姿勢でいることが長い分、いわゆるスマホ首といわれる様に首が斜め前に張り出した状態で固まってしまう事が多くなって来ている様です。首の後ろが張っているだけではなく、放っておくとだんだんと背中全体に張りが広がって行く為注意が必要です。

それではなぜその様になるのかというと、下を向く姿勢が長く続くことで後頭筋(こうとうきん)、頭板状筋(とうばんじょうきん)といった首の付け根の筋肉に張りができ、更に深層筋である上頭斜筋(じょうとうしゃきん)、下頭斜筋(かとうしゃきん)、大後頭直筋(だいこうとうちょっきん)、小後頭直筋(しょうこうとうちょきん)といった筋肉が引っ張られて張りを持ちます。

そこから更に首が前傾することで脛骨と肩甲骨をつないでいる肩甲挙筋(けんこうきょきん)に張りが生じ、長時間の張りと停滞によって疲労物質が溜まると言われています。疲労物質が溜まった肩甲挙筋が炎症を生じると、周辺にある大小さまざまな筋肉が肩甲挙筋の動きをカバーする為に代償動作(動きが鈍くなった筋肉の代わりに周りの筋肉がその代わりをすること)をする様になります。すると、そうした筋肉は本来の動き以上の働きをする為に張って行きます。

これが、スマホやパソコンなどに集中し過ぎた人が肩から背中にかけて張りが広がって行く過程の一つの様です。

次回は効果的なストレッチの方法について述べさせていただきます。

癒し処やまかわ調布店

癒し処やまかわ調布店の玉水です。今日は前腕部(肘より先)の筋肉のうち、長母指屈筋(ちょうぼしくっきん)の場所とほぐし方について書かせていただきます。

 長母指屈筋は前腕の肘先から親指の先まで伸びています。深指屈筋(しんしくっきん)と並んで走行し、筋膜は浅指屈筋(せんしくっきん)に覆われています。主な動きは拇指(親指)の屈曲(曲げる動き)と手関節の撓屈(とうくつ・左右に振る動き)です。

 長母指屈筋の起始部は橈骨前面、前腕骨間膜の前面。前腕部の親指側が橈骨です。手の甲を上にし、肘より5cm程手首の方に行ったあたりと考えて良いと思います。停止部は拇指末節骨。親指の先です。

 長母指屈筋を押す時は手の甲を上にし、肘の先から腕の中央を手首の方向に点圧して行きます。ご自身の腕で試してみると適度な力加減も分かるのではないでしょうか。ここも気持ちよいので試してください。手の疲れに効きます。

癒し処やまかわ 調布店
042-444-0184
セラピスト 玉水太一

 癒し処やまかわ調布店の玉水です。今日は前腕の整体に関わる筋肉のうち、浅指屈筋(せんしくっきん)について書かせていただきます。

 浅指屈筋は前腕屈筋の中で最大の筋で、深指屈筋とともに第2-5指(親指以外の全指)を屈曲させる主力筋として働きます。日常生活では手を握る動きや物をつかむ動き、手首を曲げる動きに関与します。

 浅指屈筋の起始部はノコギリの様な形をしていて、3か所あります。上腕尺骨頭、尺骨頭、橈骨頭です。尺骨とは前腕(肘~手首までの)のうち、小指側の骨です。橈骨は同じく前腕のうち、親指側です。停止部は第2-5指中節骨底の前線といいます。親指を除く全指の、第一関節と第二関節の間の少し手の平側です。

 腕を手のひらを上にして肘の少し先から手首までを両拇指で点圧して行くと浅指屈筋の施術ができます。この時きちんと押せていると、4指が手を握る様に動くので面白いです。ただし手首近くの方になるとかなり痛いので押す時には強く押しすぎない様に注意が必要です。

癒し処やまかわ 調布店
042-444-0184
セラピスト 玉水太一

 癒し処やまかわ調布店の玉水です。肩や首、背中のコリをほぐすために腕への施術はとても大事です。肩甲骨が痛いという方の場合、うつ伏せの状態で腕を後ろ手に回すと肘が上がってしまい下に付かない方がいらっしゃいます。この様な場合腕を念入りにほぐすとだんだん肘が下がって行き、その結果肩甲骨もほぐし易くなりお背中のヒリヒリするような痛みが軽減される事があります。

 腕は上腕、前腕、手に分かれます。そのどこも大事です。今日は前腕について書かせていただきます。前腕は肘から手首までの部分で、長母指屈筋(ちょうぼしくっきん)、深指屈筋(しんしくっきん)、浅指屈筋(せんしくっきん)、尺側手根屈筋(しゃくそくしゅこんくっきん)、腕橈骨筋(わんとうこつきん)、方形回内筋(ほうけいかいないきん)など、長短たくさんの筋肉があります。もちろんこれらは一つ一つをほぐして行くのではなく一連の流れの中で触れて行くのですが、場所によっては少しの力でも小指の先までピンと張りつめる様な痛みが走る事もあります。

 次回以降、それぞれの筋肉について書いて行こうと思います。

癒し処やまかわ 調布店
042-444-0184
セラピスト 玉水太一

癒し処やまかわ調布店の玉水です。リモートワークが続いてご自宅から外に出る機会が無い方は、首が張って痛いことも多いのではないでしょうか。

 一言で首が痛いと言っても、痛む場所やその原因はさまざまあります。首の後ろが張って痛い場合、ストレッチなどの方法よりも腕を回す事が大事です。首の後ろには頭板状筋、脛板状筋、肩甲挙筋などがありますが、肩甲骨を介して腕の筋肉と繋がっています。もともと人の身体は動かしている事が自然です。外を歩いていれば意識せずとも腕を振ったりすることでそれなりに動かしているものが、リモートワークでご自宅から外出することが少なくなるとその分動かす機会も減りますね。ですのでどんな動きでも良いので、腕を前後に振ったり、回したりすることが大事です。

 首から背中にはまた、僧帽筋という大きな筋肉があります。僧帽筋は表層筋で背中の一番表面を覆っている筋肉で、脊椎から腰椎にまで付いています。僧帽筋が硬くなるとその下の深層筋にも影響を与えます。僧帽筋を動かすにもやはり腕は大事です。回しても良いですし、前後に振っても、後ろで腕を組んで少し上に持ち上げても効果はあります。

 お背中のコリは他の筋肉にも影響を与え、内臓の健康状態にも関わってきます。リモートワークが続いておりますので頻繁な腕の運動を心がけたいものです。

癒し処やまかわ 調布店
042-444-0184
セラピスト 玉水太一

癒し処やまかわ調布店の玉水です。首肩の付け根が痛い時、肩甲挙筋もしくは斜角筋が凝っている事が多々あります。肩甲挙筋は仰向けになっていただいて首を横に向け、下方を探ると出てくる硬い筋肉です。比較的探しやすく、時間をかけて優しく点圧して行けばじきにほぐれて来ます。

 大変なのは斜角筋です。仰向けの場合肩甲挙筋のすぐ上に斜角筋群の一部が見えます。うつ伏せの場合、肩の真ん中に指を入れて少し首側に曲げれば斜角筋はあります。ありますが、本当に硬くなっている時はそう簡単にほぐれず、しかもあんまり長く押していると力の強弱に関わらず痛くなったり、もみかえしのリスクが高くなります。

 特に普段から腕肩を動かさない方の斜角筋は硬くなり、首周りの神経を圧迫します。普段から腕を動かす運動をしたり、ストレッチをすると良いです。
 ストレッチの方法はこの様にすると良いと思います。

  1. 仰向けの状態で首が痛い方の腕を腰の下に挟みます。
  2. 腰の下に挟んだ腕と反対側に首を傾けます。
  3. 反対側の腕で傾けた頭を引っ張って伸ばします。

 自宅で簡単にできますので是非お試しください。

癒し処やまかわ 調布店
042-444-0184
セラピスト 玉水太一