癒し処やまかわ調布店です。

肩甲骨周りをほぐす事は肩こりの解消にとても大事です。

肩甲骨には首肩周りの多くの筋肉が付着していますので、肩甲骨が回せるという事は首肩の筋肉の多くが緩んでいるという事にもなります。

肩甲骨、特に内側(ないそく)は人によって本当に硬さがまちまちです。施術する前から簡単に指が肩甲骨の内側に入る方もいれば、たくさん時間をかけてもほぐれない方もいらっしゃいます。

そんな肩甲骨の内側と背骨の間は肩甲間部(けんこうかんぶ)と呼ばれています。肩甲間部には起立筋、菱形筋などさまざまな筋肉がありますが、ここを短時間で効果的にほぐす方法があります。

まずは受け手にうつ伏せになってもらい、ほぐしたい方の腕をお背中の後ろに回します。

その状態で受け手の方の下に施術者の膝を入れて腕をホールドします。この時あまり肩に近い場所に膝を当ててしまうと痛いですのでご注意ください。

そうしましたら両手の四指を使い、肩甲間部を左右に切る様にはじいてみてください。こっている人ほど、細かい筋がたくさん浮き出ているのが分かります。

ここを、受け手と相談しながらこっている場所を探しながら、痛くない程度の力で四指で身体の左右に切る様にほぐして行きます。

人によっては結構の長時間が必要になるケースもありますが、最初はピーンと張っていた線がだんだんとほぐれて行きます。

これが左右きちんと出来ていれば、肩甲骨も動かしやすくなります。

癒し処やまかわ 調布店

癒し処やまかわ調布店です。

足には、承山(しょうざん)というツボがあります。

承山は足の痛みをとり除く効果の高いツボで、足の痛みやしびれ、こむら返りなどに効果があります。腰痛や坐骨神経痛にも効果があると言われています。

承山はふくらはぎの後ろにあり、内腓腹筋(ないひふくきん)、外腓腹筋(がいひふくきん)とヒラメ筋との間の窪みにあります。

少し筋肉をめくらないと届きませんが、届いた時には悶絶します。それくらい痛いです(笑)。

ですので、届いた時には優しい力で押してあげると良いです。

第二の心臓と言われる足の、血液のポンプとしての役割を回復してくれるツボです。

癒し処やまかわ調布店

癒し処やまかわ調布店です。

首の奥がなぜか張っていて、首や肩をほぐしてもどうも重だるさが残っている。

そんな時、斜角筋群(しゃかくきんぐん)に触れていない事が原因かもしれません。

斜角筋群は前斜角筋(ぜんしゃかくきん)・中斜角筋(ちゅうしゃかくきん)・後斜角筋(こうしゃかくきん)の3つから構成され、首と肩をつなぐ様に付いています。

斜角筋の起始部は首の横にあるのでまだ触りやすいですが、停止部はとっても触りにくいです。と言いますのは前斜角筋と中斜角筋の停止部は第一肋骨の内側に付いています。ここを触ろうとするのは拷問の様に痛いです((+_+))

ですので、揺らすのが効果的かと思います。

第一肋骨は鎖骨のすぐ下にあります。鎖骨は触りやすいですが、第一肋骨は前方は鎖骨の下に確認できますが後方になると肩の奥の方に回り込んでいるのでなかなか確認できません。

ですので鎖骨の下縁を身体の内側から肩の方にさぐって行きますとすぐ肩の骨にぶつかります。

ぶつかる少し手前に窪みがありますので、いったん腕を下に垂らした状態で窪みを点圧しながら腕を上げ下げすると振動が首と肩の奥の方に響くのが分かると思います。

ご自身でもできますので座った姿勢で数回やってみてください。首の奥の、どうにも取り切れなかった違和感が緩和されると思います。

癒し処やまかわ調布店

癒し処やまかわ調布店です。今日は腰痛に効く筋肉、大腿二頭筋(だいたいにとうきん)について投稿いたします。

大腿二頭筋はふとももの後ろ側から触れます。ハムストリング(大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋)の中で最も外側にある筋肉で、股関節伸展への貢献度が高い為、腰痛の時にはここをきちんとほぐす事で効き目も大きく、起始部が2頭に分かれ、短頭は大腿骨から、長頭は坐骨結節から起始しています。

大腿二頭筋の長頭は半腱様筋との間に筋溝があり、ここを狙うと腰痛に効果があります。ふともも裏側が張っている人は筋肉の溝が分かりにくいですが、初めに手根でふともも裏側を丹念にほぐすと、次第に溝の場所が分かる様になってきます。

腰が痛い人は急にぐっさり指を入れてしまうととても痛がるため、少しずつ入れていくと良いと思います。

癒し処やまかわ調布店です。今日は膝関節の整体に関わる筋肉のうち、外側広筋(がいそくこうきん)の事を書かせていただこうと思います。

太ももは、大腿四頭筋という4つの筋肉で形成されています。大きい筋肉が集まっているため、複合筋(ひとまとまりの筋群)としては人体で最大の体積を持っています。外側広筋はその中でも、大腿四頭筋最大の筋肉です。

外側広筋は膝関節の伸展に作用します。立った状態で膝を後ろに曲げる動作です。外側広筋の起始部は長く、大転子(大腿骨、股関節の外側)から膝上まで、大腿骨の外側を覆う様に張り付いています。

この部分を施術するには、太ももの前部と外側の中間から施術すると良いと思います。その部分で外側広筋は表層筋となります。

外側広筋の停止部は2か所あり、膝蓋骨の上縁および外側縁、脛骨粗面です。膝小僧の上下ですね。ここは強く押してはいけません。優しく点圧するか、さする位で十分です。
癒し処やまかわ 調布店
042-444-0184

癒し処やまかわ調布店です。

腰痛の施術の時、太もも裏側への施術がとても大事だと思います。

私自身も腰が痛くなりほぐしてもらう事も良くあるのですが、普段はあまり気づきませんが、腰痛の時に太ももの後ろ側を押してもらうと腰の痛い部分にずしーんと効いている事が実感できます。

では、どういった筋肉があるのでしょうか。

大腿部(太もも)の裏側への施術の際、特に大事な筋肉は5つだと思っています。

外側広筋(がいそくこうきん)、大腿二頭筋(だいたいにとうきん)、半腱様筋(はんけんようきん)、半膜様筋(はんまくようきん)、大内転筋(だいないてんきん)です。

これは一つ一つが比較的大きい筋肉で、施術の際は筋溝(きんこう)と言い、筋肉と筋肉の隙間を狙っていくのが効率が良い様です。

一つずつの筋肉について、次回から投稿して行こうと思います。

癒し処やまかわ調布店

癒し処やまかわ調布店です。

今日は脛(すね)のほぐし方について投稿いたします。

脛をほぐす時には3つのラインに沿ってほぐす様にしています。

まず、脛には2つの骨があります。脛骨(けいこつ)と、腓骨(ひこつ)です。

脛骨は脛のメインの骨、太い方です。いわゆる弁慶と言われる骨です。脛の前面からも触りやすい骨です。

腓骨は脛骨の外側を走っています。脛骨より細く、表面を太い筋肉に覆われているため、少し触ったくらいですとどこを通っているかも分からない程ですが、脛の外側を真横から強めに触ってみると触れられる事がわかります。

脛をほぐす時の第一ラインは前脛骨筋(ぜんけいこつきん)です。前脛骨筋は脛骨に沿って小指側を走っています。ほぐす時は脛骨の外側を剥がす様に丁寧にほぐすと効果的です。

第二ラインは腓骨の前脛骨筋側です。腓骨は分かりにくいですが、脛の横・外側から深い部分を走っている腓骨を探り、骨のキワを脛骨側に押して行きます。

第三ラインは腓骨の外側キワです。ここも第二ラインと同じ様に探りますが、今度は脛骨と反対側に剥がす様に押します。

脛をていねいに押すと足のむくみにも効果的です。

癒し処やまかわ調布店

どうも癒し処やまかわ調布店です(^^)/

お客様の中には医療従事者の方がいらっしゃいまして

施術中に聞いてなるほどー!と思ったことを書いてみます。

コロナウイルスの軽症って皆さんの認識ってどんなですか?

少し熱が出てー身体が怠くなってー咳が出て―

こんな認識の人が多いのではないかな?と思います。

実際、自分含めそんな感じでした。

でもそのお客様はドクターでおっしゃっていたのは。

一般人の軽症の認識:かるい風邪みたいな状態かなー

現場Drの軽症:酸素マスクはいらないか。

一般人の中度症状の認識:インフルエンザの時な様な感じかなー

現場Drの中度症状:酸素マスクも考慮 肺炎凄い広がってるなー あぶないなー

このくらいのずれがあるそうです。

その現場のDrの診ている軽症患者でもコロナに感染発症した事ある人はのどに鍼が刺さった様な、死ぬ、呼吸できない、と訴えてくるそうです。

凄い認識の違いに驚きました(*_*;

人の出入りがなければご飯が食べれない職業、出入りが増えると身体がもたない職業、色々あると思います。

少しずつでも治療薬の開発や、ワクチンなど流行が弱まって行ったらよいですね。

当店では換気扇、エアコンは24時間稼働 出入口窓の解放、手すりや一度お客様がつかった場所の除菌

スタッフの衛生管理を徹底しております。

皆さん健康に乗り越えていきましょう!!!(^^)/

癒し処やまかわ調布店

癒し処やまかわ調布店です。今日は前斜角筋(ぜんしゃかくきん)について投稿いたします。前斜角筋は中斜角筋(ちゅうしゃかくきん)、後斜角筋(こうしゃかくきん)と共に斜角筋群(しゃかくきんぐん)という筋肉群を形成しています。最近はスマホが普及したせいか、斜角筋が張っている方が多い様に見受けられます。斜角筋の張りはまた、ストレートネックの原因ともなる様です。

前斜角筋は第一肋骨の挙上(上に持ち上げる)、頸椎の屈曲・側屈(前後・左右に曲げる動き)に寄与します。また、斜角筋群は呼吸筋と呼ばれる筋群で、呼吸をする為に肺が空気を取り込む時に作用する筋群に属しています。

前斜角筋の起始部は第三(または第四)頸椎~第七(または第六)頸椎の横突起です。横突起を触るには首の横を親指で押圧すると良いです。四指では刺さってしまい痛いですし、親指ですと受け手にうつ伏せになってもらえばじんわりと体重をかけて押す事ができます。

前斜角筋の停止部は第一肋骨の内側、およそ頸椎横突起の下と考えて良いかと思います。第一肋骨は体側だとなかなか触りにくいですが、鎖骨の下と考えれば目安が付きやすくなります。

斜角筋がほぐれると首や肩の凝りだけでなく、呼吸もしやすくなります。

癒し処やまかわ調布店

癒し処やまかわ調布店です。今日は上双子筋(じょうそうしきん)、下双子筋(かそうしきん)について投稿いたします。

上双子筋・下双子筋は股関節のインナーマッスルと言われる深層外旋六筋という筋肉群のうちの一つで、場所や大きさ・働きも似ています。どちらも股関節の外旋(外に開く)動きに作用しますが、動きへの貢献度としては小さい筋肉で、梨状筋、大腿方形筋、内閉鎖筋など他の外旋筋群の補助的な役割と考えられています。

役割は補助的とはいえ、腰痛の原因となる事も多い筋肉です。痛みの原因となるのはたいてい小さい筋肉です。

上双子筋の起始部は坐骨棘です。下双子筋の起始部は坐骨結節です。坐骨は受け手にうつ伏せに寝てもらい、お尻の真ん中より少し内側下方を主根で押すと触れる事ができます。

上双子筋・下双子筋の停止部はともに大転子です。こちらも同様に受け手にうつ伏せになってもらえば坐骨より少し外側に骨の丸みがある部分で触る事ができます。

どちらも少しの力でも良く効きます。

癒し処やまかわ調布店