癒し処やまかわ調布店です。

肩甲骨周りをほぐす事は肩こりの解消にとても大事です。

肩甲骨には首肩周りの多くの筋肉が付着していますので、肩甲骨が回せるという事は首肩の筋肉の多くが緩んでいるという事にもなります。

肩甲骨、特に内側(ないそく)は人によって本当に硬さがまちまちです。施術する前から簡単に指が肩甲骨の内側に入る方もいれば、たくさん時間をかけてもほぐれない方もいらっしゃいます。

そんな肩甲骨の内側と背骨の間は肩甲間部(けんこうかんぶ)と呼ばれています。肩甲間部には起立筋、菱形筋などさまざまな筋肉がありますが、ここを短時間で効果的にほぐす方法があります。

まずは受け手にうつ伏せになってもらい、ほぐしたい方の腕をお背中の後ろに回します。

その状態で受け手の方の下に施術者の膝を入れて腕をホールドします。この時あまり肩に近い場所に膝を当ててしまうと痛いですのでご注意ください。

そうしましたら両手の四指を使い、肩甲間部を左右に切る様にはじいてみてください。こっている人ほど、細かい筋がたくさん浮き出ているのが分かります。

ここを、受け手と相談しながらこっている場所を探しながら、痛くない程度の力で四指で身体の左右に切る様にほぐして行きます。

人によっては結構の長時間が必要になるケースもありますが、最初はピーンと張っていた線がだんだんとほぐれて行きます。

これが左右きちんと出来ていれば、肩甲骨も動かしやすくなります。

癒し処やまかわ 調布店

癒し処やまかわ調布店です。

足には、承山(しょうざん)というツボがあります。

承山は足の痛みをとり除く効果の高いツボで、足の痛みやしびれ、こむら返りなどに効果があります。腰痛や坐骨神経痛にも効果があると言われています。

承山はふくらはぎの後ろにあり、内腓腹筋(ないひふくきん)、外腓腹筋(がいひふくきん)とヒラメ筋との間の窪みにあります。

少し筋肉をめくらないと届きませんが、届いた時には悶絶します。それくらい痛いです(笑)。

ですので、届いた時には優しい力で押してあげると良いです。

第二の心臓と言われる足の、血液のポンプとしての役割を回復してくれるツボです。

癒し処やまかわ調布店

癒し処やまかわ調布店です。

首の奥がなぜか張っていて、首や肩をほぐしてもどうも重だるさが残っている。

そんな時、斜角筋群(しゃかくきんぐん)に触れていない事が原因かもしれません。

斜角筋群は前斜角筋(ぜんしゃかくきん)・中斜角筋(ちゅうしゃかくきん)・後斜角筋(こうしゃかくきん)の3つから構成され、首と肩をつなぐ様に付いています。

斜角筋の起始部は首の横にあるのでまだ触りやすいですが、停止部はとっても触りにくいです。と言いますのは前斜角筋と中斜角筋の停止部は第一肋骨の内側に付いています。ここを触ろうとするのは拷問の様に痛いです((+_+))

ですので、揺らすのが効果的かと思います。

第一肋骨は鎖骨のすぐ下にあります。鎖骨は触りやすいですが、第一肋骨は前方は鎖骨の下に確認できますが後方になると肩の奥の方に回り込んでいるのでなかなか確認できません。

ですので鎖骨の下縁を身体の内側から肩の方にさぐって行きますとすぐ肩の骨にぶつかります。

ぶつかる少し手前に窪みがありますので、いったん腕を下に垂らした状態で窪みを点圧しながら腕を上げ下げすると振動が首と肩の奥の方に響くのが分かると思います。

ご自身でもできますので座った姿勢で数回やってみてください。首の奥の、どうにも取り切れなかった違和感が緩和されると思います。

癒し処やまかわ調布店

癒し処やまかわ調布店です。今日は腰痛に効く筋肉、大腿二頭筋(だいたいにとうきん)について投稿いたします。

大腿二頭筋はふとももの後ろ側から触れます。ハムストリング(大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋)の中で最も外側にある筋肉で、股関節伸展への貢献度が高い為、腰痛の時にはここをきちんとほぐす事で効き目も大きく、起始部が2頭に分かれ、短頭は大腿骨から、長頭は坐骨結節から起始しています。

大腿二頭筋の長頭は半腱様筋との間に筋溝があり、ここを狙うと腰痛に効果があります。ふともも裏側が張っている人は筋肉の溝が分かりにくいですが、初めに手根でふともも裏側を丹念にほぐすと、次第に溝の場所が分かる様になってきます。

腰が痛い人は急にぐっさり指を入れてしまうととても痛がるため、少しずつ入れていくと良いと思います。

癒し処やまかわ調布店です。

お盆休みもあいにくの雨でしたね。

ご自宅で過ごされる事が多いとどうしても腰が痛くなってしまう方が多いと思います。

これは、座っているだけで腰の筋肉が弱まってしまうからなんです。

背中を支えている起立筋という筋肉は立っている状態では機能していますが、

座っている状態では動かされません。

座っているだけで、腰には悪いんですね。

デスクワーク続きの方は、5分に1度でも立ち上がって肩を回したり、外の景色を眺めたりしてみてください。

腰痛になるリスクを減らして頑張りましょう(^_-)-☆

癒し処やまかわ 調布店

癒し処やまかわ調布店です。今日は膝関節の整体に関わる筋肉のうち、外側広筋(がいそくこうきん)の事を書かせていただこうと思います。

太ももは、大腿四頭筋という4つの筋肉で形成されています。大きい筋肉が集まっているため、複合筋(ひとまとまりの筋群)としては人体で最大の体積を持っています。外側広筋はその中でも、大腿四頭筋最大の筋肉です。

外側広筋は膝関節の伸展に作用します。立った状態で膝を後ろに曲げる動作です。外側広筋の起始部は長く、大転子(大腿骨、股関節の外側)から膝上まで、大腿骨の外側を覆う様に張り付いています。

この部分を施術するには、太ももの前部と外側の中間から施術すると良いと思います。その部分で外側広筋は表層筋となります。

外側広筋の停止部は2か所あり、膝蓋骨の上縁および外側縁、脛骨粗面です。膝小僧の上下ですね。ここは強く押してはいけません。優しく点圧するか、さする位で十分です。
癒し処やまかわ 調布店
042-444-0184

癒し処やまかわ調布店です。

腰痛の施術の時、太もも裏側への施術がとても大事だと思います。

私自身も腰が痛くなりほぐしてもらう事も良くあるのですが、普段はあまり気づきませんが、腰痛の時に太ももの後ろ側を押してもらうと腰の痛い部分にずしーんと効いている事が実感できます。

では、どういった筋肉があるのでしょうか。

大腿部(太もも)の裏側への施術の際、特に大事な筋肉は5つだと思っています。

外側広筋(がいそくこうきん)、大腿二頭筋(だいたいにとうきん)、半腱様筋(はんけんようきん)、半膜様筋(はんまくようきん)、大内転筋(だいないてんきん)です。

これは一つ一つが比較的大きい筋肉で、施術の際は筋溝(きんこう)と言い、筋肉と筋肉の隙間を狙っていくのが効率が良い様です。

一つずつの筋肉について、次回から投稿して行こうと思います。

癒し処やまかわ調布店

癒し処やまかわ調布店です。

今日は斜角筋という筋肉を緩めるためのストレッチについて投稿いたします。

斜角筋群とは頸椎と肋骨を付着部とする3~4本の長さの違う(前・中・後)から構成されている筋肉の総称で、中でも中斜角筋(ちゅうしゃかくきん)は周囲の筋肉の影響やストレスなどの要素で緊張すると首こりの原因となり、更に腕全体に痺れを感じたりするようになります。

簡単なストレッチ方法をご紹介いたします。

座った状態で良いので痺れが走ったりしている方の肩に向け首を横に倒します。倒せる所までで大丈夫です。

その後、首を横に傾けた状態のまま今度は後ろに倒します。じわっと心地よい痛みが走るのが分かると思います。倒せる所まで行ったら5秒くらい停止いたします。

今度は反対側に同じ動きをしてください。これを4-5回ずつするだけです。

これで腕の痺れなども緩和される様でしたら、中斜角筋が原因の一つと考えられると思います。

日々の生活に取り入れてみてください。

癒し処やまかわ調布店

癒し処やまかわ調布店です。

今日は脛(すね)のほぐし方について投稿いたします。

脛をほぐす時には3つのラインに沿ってほぐす様にしています。

まず、脛には2つの骨があります。脛骨(けいこつ)と、腓骨(ひこつ)です。

脛骨は脛のメインの骨、太い方です。いわゆる弁慶と言われる骨です。脛の前面からも触りやすい骨です。

腓骨は脛骨の外側を走っています。脛骨より細く、表面を太い筋肉に覆われているため、少し触ったくらいですとどこを通っているかも分からない程ですが、脛の外側を真横から強めに触ってみると触れられる事がわかります。

脛をほぐす時の第一ラインは前脛骨筋(ぜんけいこつきん)です。前脛骨筋は脛骨に沿って小指側を走っています。ほぐす時は脛骨の外側を剥がす様に丁寧にほぐすと効果的です。

第二ラインは腓骨の前脛骨筋側です。腓骨は分かりにくいですが、脛の横・外側から深い部分を走っている腓骨を探り、骨のキワを脛骨側に押して行きます。

第三ラインは腓骨の外側キワです。ここも第二ラインと同じ様に探りますが、今度は脛骨と反対側に剥がす様に押します。

脛をていねいに押すと足のむくみにも効果的です。

癒し処やまかわ調布店

癒し処やまかわ調布店です。今日は腰痛の施術のうち、多裂筋(たれつきん)について投稿いたします。

多裂筋は脊柱安定筋という筋群に属し、脊柱起立筋群の深層に位置します。脊柱の棘突起の根本に付着し、椎骨同士を引き付けて安定させるのが主な役割と言われています。

腰痛が発生する際、この多裂筋が凝り固まっている事が多くあります。細かい筋が連なってはいますが、全体として頸椎から仙骨まで脊柱の左右キワを通るとても長い筋肉です。

腰痛に対する施術の際、大事なのは仙骨の上です。多裂筋の起始部は広く存在しますが仙骨後面においては後仙骨孔と上後腸骨棘との間。後仙骨孔とは仙骨の後面に左右4つずつ空いている穴で、上後腸骨棘とは腸骨後部、内側の丸みを帯びた部分です。

ここを剥がしてあげると腰痛の緩和につながります。

癒し処やまかわ調布店